幼少期よりアイリッシュなど民族音楽に触れ、ティンホイッスル、アイリッシュフルートや最近ではアイリッシュバンジョーに浮気したり。フルケスタ、Cocopelienaなどで活動中。
by flukesta
レッスンの申し込み、ライブの予約などなんでも、ご連絡はこちら。
syo4141@yahoo.co.jp



♪視聴はコチラ♪

♪視聴はコチラ♪

♪視聴はコチラ♪
アイリッシュミュージシャンのコンピレーションアルバム
CELTSITTOLKEに参加しました!


♪視聴はコチラ♪
Cocopeliena 1st.アルバム
「My Cup of Tea」
全5曲1,000円

CDのご注文、お問い合わせはコチラのフォームよりメールでご連絡下さい。

グループレッスン
日時:毎月第1水曜
初級者向け 20:00から45分
中級者以上 20:45から45分
場所:IrishPub GNOME
参加費 500円 + 要オーダー
ご連絡無しで当日参加OKですが、事前にご連絡を頂けると参加者のレベルやご要望に応じたレッスン内容となるように努めさせて頂きます。

個人レッスン
60分:2,500円
90分:3,500円

場所、日時は個別でご相談の上決めさせて頂きますのでメールにてご連絡を下さい。


ティンホイッスルについて
 テーマ曲 デモ演奏
 曲を覚える
 タップ
 カット
 トリプレット
 ロール
 クラン
 フィンガーバウンス

テナーバンジョーについて
 まえがき
 楽器について
 弦・チューニング
 ピック選び
 奏法 運指について
 奏法 ピッキング
 奏法 トリプレット
 奏法 重音奏法(コード)
 その他の記事

◆Flukesta
ギター:尾崎ゆずる
笛、バンジョー:岩浅翔

◆Cocopeliena
アコーディオン、フィドル:さいとうともこ
ギター:山本宏史
笛、バンジョー:岩浅翔

<レギュラーライブ>
 毎月第2金曜 19:00
  Irish PUB Dublin
  Flukesta No charge!!

 毎月第4金曜 20:30
  Irish PUB GNOME
  Flukesta No charge!!

>>最新ライブ情報<<


カテゴリ
全体
Live Schedule
Lesson
Music / Movie
Tin Whistle
Irish Banjo
Diary
Link
Profile
未分類
最新の記事
HP新設(ブログ移設)のお知らせ
at 2016-10-26 18:38
2016年5月以降のスケジュール
at 2016-05-09 01:21
ライブスケジュールなど
at 2016-03-24 19:38
2015年もありがとうござい..
at 2015-12-31 01:43
12月から1月の予定
at 2015-11-25 19:37
11月のライブ予定
at 2015-10-21 19:30
Coleraine Jig
at 2015-10-21 19:22
練習というもの
at 2015-07-17 00:24
ケルトシットルケVol.4 ..
at 2015-06-15 00:40
ケルトシットルケVOl.4 ..
at 2015-05-24 14:04
以前の記事
2016年 10月
2016年 05月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2007年 10月
その他のジャンル

弦・チューニング
まず4弦バンジョー、つまりテナーバンジョーですがもともとはアメリカで発展した楽器をアイルランド系アメリカ人の方がアイリッシュミュージックに使ったという、経緯があります。

アイリッシュミュージックでは一般的にテナーバンジョーのチューニングはマンドリンやフィドルと同じGDAEですが、アメリカニューオーリンズ地方でのJAZZでもテナーバンジョーは使われており、そちらはCGDAのチューニングとなります。
どちらのチューニングにするかによって弦の太さを選ばないといけません。ここではGDAEについて書いています。


弦の入手方法ですが、日本では一般的な楽器屋さんにアイリッシュ用テナーバンジョーの弦セットが売られていることは見た事がありません。D'Adrioというメーカーからアイリッシュ向けのテナーバンジョー弦は販売されているのですが、Amazonとかでなければ手に入りにくいです。


c0203506_2212172.jpg


ちなみに僕はギターの弦を楽器屋さんでバラ売りのものを買って使っています。
(通常ギター弦は6本セットで買う事が多い)

もともとはエレキギターの弦を使っていたのですが、今はエリクサーというメーカーのアコギ弦を使っています。エリクサーは劣化しにくく長く使えるのでおすすめですよ。


弦のテンション(張り具合、太さ)はチューニングや弾き心地に大きく影響があるので、自分の好みを探っていくしか無いのですが、参考に私がよく使っているものをご紹介します。



↑細
012 1弦 (E)
018 2弦 (A)
026 3弦 (D)
036 4弦 (G)
↓太




これはフィドルやマンドリンと同じチューニングでいかにもアイリッシュバンジョーという感じがしますね!

もし他のチューニングをレギュラーで使うなら弦の太さを変えた方がいいかもしれません。
僕はたまーーーにA,E,A,Eにします。演奏しやすい曲が限られますけどね・・。

まぁ、なんしか弦を買ったら次は本体に張るんですが、これがまためんどくさい!もうバンジョーやめようかと思うぐらい!

最近のギターは大体がボールエンドになっていますが、テナーバンジョーのテールピースはほとんどがループエンドなのです。
ボールエンドとは弦の端っこにちっこい金管が付いているやつで、ループエンドとはカウボーイが馬(牛?)を捕まえる時のロープみたいな形になっているやつです。


まず、ボールエンドをループエンドに変える所から作業は始まります。
結構手間のかかる作業で、全弦張るのに30分~1時間ぐらいかかるので時間に余裕のある時にやりましょう。

①まずラジオペンチ的なものをできれば2本、最低1本用意します。
②ボールエンド金管の根っこの部分をラジペンで挟んで、金管をねじって緩めます。
c0203506_125243.jpg


③緩まったら弦を折らないように慎重に金管をはずします。
c0203506_125237.jpg


これがまた巻き弦(1本の線にグルグル巻いてある弦)が折れやすいんです。
折れたらまた買わなアカンのかーい!とアタマにきますが、折れた場合は僕は自分でループを作るようにしています。
写真の例は巻き弦のままループしてますが、巻かれている弦だけ少し取り除いて、芯の単線だけでループにする方がいいんじゃないかと思います。
c0203506_1262074.jpg


④さぁ、楽器に弦を張ります。
弦の巻き方は色々なんでしょうが、僕は写真のようにネックに対して90度以上巻いた状態にしてから弦をピンと引っ張ると、ひっかかって抜けなくなるのでそのままグルグル巻いていきます。
大体2周以上巻ければほどける事は絶対ありません。
c0203506_1264897.jpg


これを4本分繰り返します。
お疲れ様でした。できました??
めんどくさいけど、弦を張り替えるとやっぱり良い音するし演奏してて気持ちいいですよね(^^)
[PR]
by flukesta | 2012-05-28 01:18 | Irish Banjo
<< ピック選び まえがき >>