幼少期よりアイリッシュなど民族音楽に触れ、ティンホイッスル、アイリッシュフルートや最近ではアイリッシュバンジョーに浮気したり。フルケスタ、Cocopelienaなどで活動中。
by flukesta
レッスンの申し込み、ライブの予約などなんでも、ご連絡はこちら。
syo4141@yahoo.co.jp



♪視聴はコチラ♪

♪視聴はコチラ♪

♪視聴はコチラ♪
アイリッシュミュージシャンのコンピレーションアルバム
CELTSITTOLKEに参加しました!


♪視聴はコチラ♪
Cocopeliena 1st.アルバム
「My Cup of Tea」
全5曲1,000円

CDのご注文、お問い合わせはコチラのフォームよりメールでご連絡下さい。

グループレッスン
日時:毎月第1水曜
初級者向け 20:00から45分
中級者以上 20:45から45分
場所:IrishPub GNOME
参加費 500円 + 要オーダー
ご連絡無しで当日参加OKですが、事前にご連絡を頂けると参加者のレベルやご要望に応じたレッスン内容となるように努めさせて頂きます。

個人レッスン
60分:2,500円
90分:3,500円

場所、日時は個別でご相談の上決めさせて頂きますのでメールにてご連絡を下さい。


ティンホイッスルについて
 テーマ曲 デモ演奏
 曲を覚える
 タップ
 カット
 トリプレット
 ロール
 クラン
 フィンガーバウンス

テナーバンジョーについて
 まえがき
 楽器について
 弦・チューニング
 ピック選び
 奏法 運指について
 奏法 ピッキング
 奏法 トリプレット
 奏法 重音奏法(コード)
 その他の記事

◆Flukesta
ギター:尾崎ゆずる
笛、バンジョー:岩浅翔

◆Cocopeliena
アコーディオン、フィドル:さいとうともこ
ギター:山本宏史
笛、バンジョー:岩浅翔

<レギュラーライブ>
 毎月第2金曜 19:00
  Irish PUB Dublin
  Flukesta No charge!!

 毎月第4金曜 20:30
  Irish PUB GNOME
  Flukesta No charge!!

>>最新ライブ情報<<


カテゴリ
全体
Live Schedule
Lesson
Music / Movie
Tin Whistle
Irish Banjo
Diary
Link
Profile
未分類
最新の記事
HP新設(ブログ移設)のお知らせ
at 2016-10-26 18:38
2016年5月以降のスケジュール
at 2016-05-09 01:21
ライブスケジュールなど
at 2016-03-24 19:38
2015年もありがとうござい..
at 2015-12-31 01:43
12月から1月の予定
at 2015-11-25 19:37
11月のライブ予定
at 2015-10-21 19:30
Coleraine Jig
at 2015-10-21 19:22
練習というもの
at 2015-07-17 00:24
ケルトシットルケVol.4 ..
at 2015-06-15 00:40
ケルトシットルケVOl.4 ..
at 2015-05-24 14:04
以前の記事
2016年 10月
2016年 05月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2007年 10月
その他のジャンル

楽器について
日本では5弦バンジョーはブルーグラスを一世を風靡したためか、少し大きな楽器店でも行けば手に入るのですが、いわゆるアイリッシュバンジョー、4弦のテナーバンジョーは売っている事を見たことがありません。


手に入れようと思うと海外のオークションで手に入れる、所有している方から譲ってもらうなどが簡単かもしれません。
テナーバンジョーに限らずアイリッシュミュージックを演奏する楽器はギターなど一部の楽器を除くとほとんど海外から買う事になります。私もフルートを買った時は製作者とメールでやり取りをして2年の製作期間を待って入手しました。
普段海外オークションとかをされない方は抵抗があると思いますが、最初の関門と思い一念発起しましょう!

日本の所有者の方から譲ってもらいたい場合はセッションなどに足を運び、バンジョーを演奏されてる方に直接話しを伺って譲っても良いものはないか?譲ってくれそうな人を知らないか聞くのが近道かと思います。
(いきなり譲ってくれというと失礼に思われるかもしれないので、そのへんご注意)



手に入れる決意が固まったとして、ギターもそうであるようにテナーバンジョーにも色々なメーカー、それぞれの特徴などあります。

もっともわかりやすい特徴として、全長がやや短めのショートスケールといわれるものとレギュラースケールというものがあります。
ショートスケールは左手を押さえるフレットが17つ、レギュラーは19となっており、ショートスケールの方が手が小さい方でもメロディを弾きやすいという利点がありますが、レギュラースケールの方が低音の効いたややパワフルな音になると思います。


メーカーなど、歴史を知るにはHiroshi Hasegawaさんのサイトで画像付きでわかりやすく解説されています。
画像を見ていると購買欲がザワザワと騒ぎだすのである。
[PR]
by flukesta | 2009-07-02 01:17 | Irish Banjo
<< ご縁のある方々と僕 ミュージシャン リンク >>