幼少期よりアイリッシュなど民族音楽に触れ、ティンホイッスル、アイリッシュフルートや最近ではアイリッシュバンジョーに浮気したり。フルケスタ、Cocopelienaなどで活動中。
by flukesta
レッスンの申し込み、ライブの予約などなんでも、ご連絡はこちら。
syo4141@yahoo.co.jp



♪視聴はコチラ♪

♪視聴はコチラ♪

♪視聴はコチラ♪
アイリッシュミュージシャンのコンピレーションアルバム
CELTSITTOLKEに参加しました!


♪視聴はコチラ♪
Cocopeliena 1st.アルバム
「My Cup of Tea」
全5曲1,000円

CDのご注文、お問い合わせはコチラのフォームよりメールでご連絡下さい。

グループレッスン
日時:毎月第1水曜
初級者向け 20:00から45分
中級者以上 20:45から45分
場所:IrishPub GNOME
参加費 500円 + 要オーダー
ご連絡無しで当日参加OKですが、事前にご連絡を頂けると参加者のレベルやご要望に応じたレッスン内容となるように努めさせて頂きます。

個人レッスン
60分:2,500円
90分:3,500円

場所、日時は個別でご相談の上決めさせて頂きますのでメールにてご連絡を下さい。


ティンホイッスルについて
 テーマ曲 デモ演奏
 曲を覚える
 タップ
 カット
 トリプレット
 ロール
 クラン
 フィンガーバウンス

テナーバンジョーについて
 まえがき
 楽器について
 弦・チューニング
 ピック選び
 奏法 運指について
 奏法 ピッキング
 奏法 トリプレット
 奏法 重音奏法(コード)
 その他の記事

◆Flukesta
ギター:尾崎ゆずる
笛、バンジョー:岩浅翔

◆Cocopeliena
アコーディオン、フィドル:さいとうともこ
ギター:山本宏史
笛、バンジョー:岩浅翔

<レギュラーライブ>
 毎月第2金曜 19:00
  Irish PUB Dublin
  Flukesta No charge!!

 毎月第4金曜 20:30
  Irish PUB GNOME
  Flukesta No charge!!

>>最新ライブ情報<<


カテゴリ
全体
Live Schedule
Lesson
Music / Movie
Tin Whistle
Irish Banjo
Diary
Link
Profile
未分類
最新の記事
HP新設(ブログ移設)のお知らせ
at 2016-10-26 18:38
2016年5月以降のスケジュール
at 2016-05-09 01:21
ライブスケジュールなど
at 2016-03-24 19:38
2015年もありがとうござい..
at 2015-12-31 01:43
12月から1月の予定
at 2015-11-25 19:37
11月のライブ予定
at 2015-10-21 19:30
Coleraine Jig
at 2015-10-21 19:22
練習というもの
at 2015-07-17 00:24
ケルトシットルケVol.4 ..
at 2015-06-15 00:40
ケルトシットルケVOl.4 ..
at 2015-05-24 14:04
以前の記事
2016年 10月
2016年 05月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2007年 10月
その他のジャンル

<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
奏法 運指について
左指の押さえ方(運指)ですが、厳密には決まってないと思いますが、ある程度規則性というかレギュラーなものがあると思いますので紹介します。

c0203506_1311872.jpg


1フレット、2フレットは人差し指、
3フレット、4フレットは中指、
5フレット、6フレットは薬指、
7フレットは小指という感じで抑えます。
ただし6フレットは小指の場合もあります。

大体のアイリッシュチューンのメロディーでは例えば3フレットと4フレットだとか、曲中で違うフレットで同じ指を使う曲は無く、ほとんどの曲が次のポジションで固定できます。

人差し指:2フレット
中指:3フレット or 4フレット
薬指:5フレット
小指:6 or 7フレット(必要であれば)

まずは上記の基本をおさえてから曲の演奏を始めたほうがいいです。と思います。

ちなみにキーがDmの曲だったり、誰かのオリジナルだったり、場合によっては上記の例から外れる事がありますが、基本は上記で応用は各人のやりやすい方法を模索するのがいいと思います。
まずはこの運指が基本と覚えましょう。
[PR]
by flukesta | 2012-05-28 02:09 | Irish Banjo
奏法 トリプレット
もしかすると私の理解が間違っているかもしれませんが、トリプレットとは2つの音符を3つの音符に変えて演奏する奏法です。と思ってます。

例えば「シ レ ソ レ シ レ ソ レ」というメロディを「シドレ ソ レ シドレ ソ レ」という風に、シレをシドレに変えます。

トリプレット入れるといかにもアイリッシュバンジョー!という感じになり、トリッキーなノリが加わります。

サンプル動画は「レ ファ ファ ソ ラ ソ ファ ソ」を繰り返して弾いており、「レ ファ ファファソ ラ ソ ファ ソ」とトリプレットを入れています。



トリプレットはコツとそこそこの練習が必要な技術ですが、是非身に付けたいですね。

ポイントはピックのダウン→アップ→ダウン・・・というリズムが、1音増える事によって変わってしまうのをどうやってカバーするかです。と思います。

動画の例では「エコノミーピッキング」という方法を用いてダウン→アップ→ダウンの帳尻をあわせています。

D:ダウンピッキング  U:アップピッキング
c0203506_1424367.jpg


トリプレットを使った場合の赤字になっている所が、ダウン→ダウンと続いているのがわかりますか?
ここはダウンで弦を弾いて、次のラの音もダウンで弾いています。

早いテンポで同じ弦をダウン→ダウンで弾くのは大変ですが、ダウンでそのまま1つ細い弦を弾くのは慣れてしまえば楽にできるようになりますので、頑張りましょう!!



サンプルとしてファファソのトリプレットだけを使って曲を演奏してみました。

サンプル演奏はアイリッシュバンドの大御所!ご存知SOLASの2ndアルバム「Sunny Spells And Scattered Showers」の2番目のトラックから「The Big Reel Of Ballynacally」という曲の一部です。
SOLASのSeamus Eganさんはフルートもバンジョー、マンドリンも超絶!
楽器がかぶっている僕としてはとても尊敬しているミュージシャンです。
原曲は素晴らしく良いので是非聞いておくんなはれ!
[PR]
by flukesta | 2012-05-28 01:50 | Irish Banjo
奏法 ピッキング
テナーバンジョーでアイリッシュを演奏する場合、ピックを用いて弦を弾き、メロディを演奏します。

必ずしもメロディである必要はありませんが、ジャラランとコード弾きをする事は少なく、ここではメロディを演奏する為のメソッドについて述べます。



<基本のアップ・ダウンピッキング>
基本的にはメロディにあわせてダウン、アップ、ダウンの繰り返しで演奏します。

僕はバンジョーを始める前にギターを少しかじっていたので特に苦労しませんでしたが、ギターを始めたばかりの頃を思い出すと最初ダウンはできるもののアップピッキングにつまづきました。

同じ弦でダウン、アップ、ダウン、アップをずーっと繰り返します。
出来ましたか?超初心者の頃はこれすら難しく感じましたが、その時に得たコツは、「弦に対してピックを少し斜めに角度をつける」というものです。
そこを意識してもう一度。

但し、あまりピックを斜めにしすぎると音色が変わってくるので注意しましょう。


同じ弦でダウン、アップの繰り返しができれば次は2本の弦でダウン、アップを~というように難易度を上げていって練習しましょう。
始めのうちは右手を見てしまいますが、慣れると右は見なくても弾きたい弦を弾くようになれて、左指を見るようになります。

ちなみにダウン・アップを繰り返すピッキングをオルタネイトピッキングともいい、休符の間も弦を弾かずにダウン・アップを行う事でリズムをキープする奏法です。
僕は厳密なオルタネイトピッキングはしていませんが、基本はやはりダウン・アップの繰り返しです。
ちなみにJigみたいな6/8の曲ではダウン・アップ・ダウン、ダウン・アップ・ダウンとされる方もおられ、Jigの場合僕は基本はダウン・アップ・ダウン、アップ・ダウン・アップで、音を伸ばしたりする時に変わったりしますが、あんまし意識してないです。


<エコノミーピッキング>

単にメロディを弾くだけなら基本のダウン・アップだけで問題ないですが、アイリッシュを演奏する上ではトリプレット等の技術が欠かせません。
(※欠かせないというと語弊があるかもしれませんが、それらの技法を使うことでいかにもアイリッシュっぽくなります)

トリプレットを弾くと、ピックのダウン・アップのリズムが狂ってしまう為、それを補正する為にダウン、ダウンという弾き方をする事があります。
そのような場面で僕はエコノミーピッキングを多用します。

エコノミーというネーミングからなにやら現代的でお得な感じがしますが、ある弦をダウンで弾いて隣接する高音弦をダウンで弾き、動きのロスを減らすというものです。
(※アップの場合はある弦をアップで弾いて、隣接する低音弦をアップで弾く)

アップは難しいですねー。まずダウン・ダウンから練習するのが良いと思います。
また、単体で練習するよりもトリプレットの練習であわせて練習するのがいいと思います。
詳しくはトリプレットの章にて解説します。
[PR]
by flukesta | 2012-05-28 01:34 | Irish Banjo
ピック選び
バンジョーでアイリッシュを演奏するにあたって、ピック選びはかなり重要です。と思います。
ピックが変わる事によって起こる影響は、

①音色
②音量
③弾きやすさ

とまあ、こんなところでしょうか。
材質や硬さ、形状によって影響がでてきますが、ここでは硬さについてもう少し詳しく書きます。
材質まではまだ追求できてません・・・。

ピックの硬さ柔らかい硬い
音色弦に引っかかりやすい為かカーンというようなドライな音。
但し、ピックが弦をはじく音も聞こえやすい。
ややこもったようなポコポコという感じの音になる。
音量控えめ大きめ


弾きやすさは好みでしょうかねー。僕は柔らかめで先が尖ってるのが好きですが。
個人的には柔らかめのピックが好きで、0.5mmを買ってきて少し紙ヤスリで薄くします。

遠方のセッションに行ってバンジョーミュージシャンと話す機会がありましたが、やはりピック選びにはかなり時間を費やしているようで、お互いまだ見ぬBest of ピックを模索中でした。

この記事を書きながら思いましたが、楽器担いで楽器屋に行って色々と試すのも良いかと思います。1時間以上試して買うのはピック1枚だけでもそんな事は気にせずにいこうぜ!
[PR]
by flukesta | 2012-05-28 01:27 | Irish Banjo
弦・チューニング
まず4弦バンジョー、つまりテナーバンジョーですがもともとはアメリカで発展した楽器をアイルランド系アメリカ人の方がアイリッシュミュージックに使ったという、経緯があります。

アイリッシュミュージックでは一般的にテナーバンジョーのチューニングはマンドリンやフィドルと同じGDAEですが、アメリカニューオーリンズ地方でのJAZZでもテナーバンジョーは使われており、そちらはCGDAのチューニングとなります。
どちらのチューニングにするかによって弦の太さを選ばないといけません。ここではGDAEについて書いています。


弦の入手方法ですが、日本では一般的な楽器屋さんにアイリッシュ用テナーバンジョーの弦セットが売られていることは見た事がありません。D'Adrioというメーカーからアイリッシュ向けのテナーバンジョー弦は販売されているのですが、Amazonとかでなければ手に入りにくいです。


c0203506_2212172.jpg


ちなみに僕はギターの弦を楽器屋さんでバラ売りのものを買って使っています。
(通常ギター弦は6本セットで買う事が多い)

もともとはエレキギターの弦を使っていたのですが、今はエリクサーというメーカーのアコギ弦を使っています。エリクサーは劣化しにくく長く使えるのでおすすめですよ。


弦のテンション(張り具合、太さ)はチューニングや弾き心地に大きく影響があるので、自分の好みを探っていくしか無いのですが、参考に私がよく使っているものをご紹介します。



↑細
012 1弦 (E)
018 2弦 (A)
026 3弦 (D)
036 4弦 (G)
↓太




これはフィドルやマンドリンと同じチューニングでいかにもアイリッシュバンジョーという感じがしますね!

もし他のチューニングをレギュラーで使うなら弦の太さを変えた方がいいかもしれません。
僕はたまーーーにA,E,A,Eにします。演奏しやすい曲が限られますけどね・・。

まぁ、なんしか弦を買ったら次は本体に張るんですが、これがまためんどくさい!もうバンジョーやめようかと思うぐらい!

最近のギターは大体がボールエンドになっていますが、テナーバンジョーのテールピースはほとんどがループエンドなのです。
ボールエンドとは弦の端っこにちっこい金管が付いているやつで、ループエンドとはカウボーイが馬(牛?)を捕まえる時のロープみたいな形になっているやつです。


まず、ボールエンドをループエンドに変える所から作業は始まります。
結構手間のかかる作業で、全弦張るのに30分~1時間ぐらいかかるので時間に余裕のある時にやりましょう。

①まずラジオペンチ的なものをできれば2本、最低1本用意します。
②ボールエンド金管の根っこの部分をラジペンで挟んで、金管をねじって緩めます。
c0203506_125243.jpg


③緩まったら弦を折らないように慎重に金管をはずします。
c0203506_125237.jpg


これがまた巻き弦(1本の線にグルグル巻いてある弦)が折れやすいんです。
折れたらまた買わなアカンのかーい!とアタマにきますが、折れた場合は僕は自分でループを作るようにしています。
写真の例は巻き弦のままループしてますが、巻かれている弦だけ少し取り除いて、芯の単線だけでループにする方がいいんじゃないかと思います。
c0203506_1262074.jpg


④さぁ、楽器に弦を張ります。
弦の巻き方は色々なんでしょうが、僕は写真のようにネックに対して90度以上巻いた状態にしてから弦をピンと引っ張ると、ひっかかって抜けなくなるのでそのままグルグル巻いていきます。
大体2周以上巻ければほどける事は絶対ありません。
c0203506_1264897.jpg


これを4本分繰り返します。
お疲れ様でした。できました??
めんどくさいけど、弦を張り替えるとやっぱり良い音するし演奏してて気持ちいいですよね(^^)
[PR]
by flukesta | 2012-05-28 01:18 | Irish Banjo
まえがき
フィドルやアイリッシュフルートに比べて日本のアイリッシュシーンでは演奏者の少ないテナーバンジョー、いざやってみようと思ってもWEB上には情報が少なくてこうなったら独学で学ぶしかない!!

・・・という感じでテナーバンジョーを始めて数年経過。
これでいいのか?みんなどうしてるんだろう?どうやってるの?とハテナだらけですが、私が独学で学んだ事がこれから始めようとされている方の少しでもお役に立てばという事で日本語サイトでは結構珍しいテナーバンジョーの情報をシェアしようと思いました。

ここでは私が練習する中で感じた事やポイント、人に聞いた事等をお伝えします。

なので、信憑性はあんまりありませんので絶対的なものとはしないで下さいf^^)
あくまでご参考に。

ちなみにテナーバンジョーとは4弦のバンジョーの事で、アイリッシュバンジョーとはその4弦バンジョーを使って特にアイリッシュを演奏する場合をここでは言います。

自分はこうしている、ここはこうなんじゃないの?といったような情報を頂ければ、参考にさせて頂き可能な限り反映していきたいと思っています。どうぞよろしく!
[PR]
by flukesta | 2012-05-28 01:14 | Irish Banjo
緊急ライブ
毎度ーこんちわー。
すっごく急ですが5/17にゲスト出演としてライブが決まりました!

今回はプログレやワールドミュージックでご活躍中の関将さんというギタリストからお声かけ頂きました。
以前のModernTImesでのスローミュージックでお会いして、今度5/17にModernTimesでライブをされるということでゲスト参加のお誘いを頂きました!!
演奏も聞かせてもらいましたけど素晴らしい実力派のギタリストです。

アイリッシュ以外のジャンルでの演奏だけど新鮮だなあ!張り切っていきまっせ!

◆レトロダイニングModrenTimes エスニックキャンドルナイト
2011/5/17 18:30open 19:30start
レトロダイニングmodren times三条木屋町上ル エンパイヤビルB1F
http://www.mtimes.jp/


<関将さんプロフィール>
B'z 稲葉浩志のソロアルバム、TWINZERなどにギターで参加し、大手プロダクションの歌手、映像・舞台など楽曲提供、プロデューサーとしても活躍。日本、海外を股にかけ、民族音楽・日本民謡・ロック・Jazz他様々なジャンルからのインスピレーションを受けたソロギターでのライブも各地で好評を得る。



エスニック音楽に癒されにおこしやす。
[PR]
by flukesta | 2012-05-15 22:16 | Live Schedule
5月のライブ
世間では連休となんだか羨ましい限りですが、5月もぼちぼちやります。

5/9に毎度のModernTimesスローミュージックでライブしますよ!
今回はFlukesta3人とゲストにさいとうともこさんを迎えて豪華な感じです。恐れ多くもトリをさせて頂きます。
いつもの3人とは違う構成で分厚い音になりまっせ!

◆レトロダイニングModrenTimesスローミュージック
2011/5/9 21:30から出番です。
レトロダイニングmodren times ノーチャージ・要2オーダー
三条木屋町上ル エンパイヤビルB1F
http://www.mtimes.jp/

fiddle,accordion:さいとうともこ(ゲスト)
fiddle:けやきかなこ
guitar:尾崎柚子流
flute,banjo:岩浅翔




個人的にですが他にも全然違うジャンルのミュージシャンとの共演の話しも頂いております。ありがたや。
なんかゆーっくりとだけどおもしろくなってきました!!
[PR]
by flukesta | 2012-05-04 21:17 | Live Schedule