幼少期よりアイリッシュなど民族音楽に触れ、ティンホイッスル、アイリッシュフルートや最近ではアイリッシュバンジョーに浮気したり。フルケスタ、Cocopelienaなどで活動中。
by flukesta
レッスンの申し込み、ライブの予約などなんでも、ご連絡はこちら。
syo4141@yahoo.co.jp



♪視聴はコチラ♪

♪視聴はコチラ♪

♪視聴はコチラ♪
アイリッシュミュージシャンのコンピレーションアルバム
CELTSITTOLKEに参加しました!


♪視聴はコチラ♪
Cocopeliena 1st.アルバム
「My Cup of Tea」
全5曲1,000円

CDのご注文、お問い合わせはコチラのフォームよりメールでご連絡下さい。

グループレッスン
日時:毎月第1水曜
初級者向け 20:00から45分
中級者以上 20:45から45分
場所:IrishPub GNOME
参加費 500円 + 要オーダー
ご連絡無しで当日参加OKですが、事前にご連絡を頂けると参加者のレベルやご要望に応じたレッスン内容となるように努めさせて頂きます。

個人レッスン
60分:2,500円
90分:3,500円

場所、日時は個別でご相談の上決めさせて頂きますのでメールにてご連絡を下さい。


ティンホイッスルについて
 テーマ曲 デモ演奏
 曲を覚える
 タップ
 カット
 トリプレット
 ロール
 クラン
 フィンガーバウンス

テナーバンジョーについて
 まえがき
 楽器について
 弦・チューニング
 ピック選び
 奏法 運指について
 奏法 ピッキング
 奏法 トリプレット
 奏法 重音奏法(コード)
 その他の記事

◆Flukesta
ギター:尾崎ゆずる
笛、バンジョー:岩浅翔

◆Cocopeliena
アコーディオン、フィドル:さいとうともこ
ギター:山本宏史
笛、バンジョー:岩浅翔

<レギュラーライブ>
 毎月第2金曜 19:00
  Irish PUB Dublin
  Flukesta No charge!!

 毎月第4金曜 20:30
  Irish PUB GNOME
  Flukesta No charge!!

>>最新ライブ情報<<


カテゴリ
全体
Live Schedule
Lesson
Music / Movie
Tin Whistle
Irish Banjo
Diary
Link
Profile
未分類
最新の記事
HP新設(ブログ移設)のお知らせ
at 2016-10-26 18:38
2016年5月以降のスケジュール
at 2016-05-09 01:21
ライブスケジュールなど
at 2016-03-24 19:38
2015年もありがとうござい..
at 2015-12-31 01:43
12月から1月の予定
at 2015-11-25 19:37
11月のライブ予定
at 2015-10-21 19:30
Coleraine Jig
at 2015-10-21 19:22
練習というもの
at 2015-07-17 00:24
ケルトシットルケVol.4 ..
at 2015-06-15 00:40
ケルトシットルケVOl.4 ..
at 2015-05-24 14:04
以前の記事
2016年 10月
2016年 05月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2007年 10月
その他のジャンル

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Gerry O'connor
アイリッシュバンジョー界を代表するプレイヤーともいえるGerry O'connorさんです。





彼のプレイはトリッキーなトリプレットももちろん、ブルーグラスやカントリーなどのアメリカンミュージックのようなアレンジがかっこいい!
なんていうのかな、曲の一部にコードのアルペジオを入れたりメロディにクロマチックな半音を入れたりしてるのかな。

普通にアイリッシュのメロディを演奏する分には必要ないと言えば必要ないんだけど、バンジョーという楽器の音色や特徴がすごく良く表現されますね。



そしてこの曲!


僕は音に伸びの無いバンジョーではエアーなどゆっくりしたテンポの曲には合わないと思ってて、セッションなどで演奏した事がなかったのですが、この動画の演奏は派手でノリノリなバンジョーとは違う、優しくて繊細な面を初めてみました。
[PR]
by flukesta | 2013-11-24 22:38 | Irish Banjo
伊丹まちなかバル おとらくに行ってきたよ!
昨日の土曜日、前から気にはなっていた伊丹まちなかバルでに参加して演奏してきましたよ!

伊丹まちなかバルってのは何枚か綴りのチケットを前もって買うと、イベントに参加されてる飲食店でバルメニューという特別セットメニューが食べられて、色々なお店を食べ歩き、飲み歩きするというイベントです。
さらには何十組というミュージシャンが参加飲食店の軒先や店内で演奏をし、チャージフリーで生演奏を楽しめるというなんというか、街ぐるみの大人の学園祭とでもいうか、とっても楽しいイベントでした!


僕はフィドルにさいとうともこさんとギターに山本宏史くんをむかえココペリーナというトリオで参加。
飲みを演奏も充実した土曜日でしたよ。

まちなかバルは全国の色々なところで行われているようですが、伊丹バルは全国でも一番の集客だそうで、さすがは日本酒の名産地というところですね。

c0203506_23133854.jpg


写真には写ってないけど隣にはバルメニューを楽しみに順番を待たれている方の行列が!
順番待ちの間の暇つぶしにはなってもらえたようで盛大な応援を頂けてありがとうございます。


伊丹バルは次は5月!次回も参加したいなーと思っています(^^)
関西にお住まいで行ったことの無い方はぜひ!!
[PR]
by flukesta | 2013-11-03 23:17 | Diary
重音奏法(コード弾き)
アイリッシュでのテナーバンジョーの奏法、いわゆるアイリッシュバンジョーではジャカジャカとコードを弾く事は一般的ではなく、普通はメロディを単音で弾きます。

その為、ギターなどの伴奏楽器のようにコードフォームを沢山覚える必要はないのですが、単音でのメロディ演奏といいながらもアクセントとして複数の弦を弾いて音を出す技術があります。
複数の音を同時に出す奏法を重音奏法といいます。

フィドルとかではダブルストップとか言うみたいですね。(※フィドルをやってるわけではないので間違ってるかもしれませんが。)

重音奏法をするにはコードフォームを覚えてしまえば、そのフォームの一部を(例えば2弦と3弦だけ使うなど)利用してしまえばすぐにできるので楽といえば楽です。


アイリッシュではほとんどの曲においてキーがある程度決まっているので、代表的なものを覚えてしまえばほとんどの曲で通用し、逆に言うと代表的なもの以外は覚えなくてもそれほど影響ないと思います。



代表的な重音のフォームを紹介します。
黄色のま丸印がメインとなる音で、メロディの音と思って下さい。
右の○×が弾く弦になります。

【Cメジャー】
c0203506_21515851.jpg


【Gメジャー】
c0203506_2222355.gif


上の2つは特に【Gメジャー】のコードは、アイリッシュはGメジャーのキーの曲が多いのでよく使います。
また、上のコードフォームは全ての弦をジャランと弾いてもOKで、曲の一番最後の音なんかは全弦ひいてもアクセントとして良いかもしれません。




次は隣接する二つの弦で同じ音を出す場合です。

【A】
c0203506_2252230.gif


【D】
c0203506_2254398.gif


【G】
c0203506_22113615.gif



これらは5フレットを抑えながら一つ太い開放弦を弾いて、同じ音を1オクターブ違いで弾く方法ですごくパワフルな感じがアップします。
A、D、Gはアイリッシュのメジャーコード曲の9割以上といってもいいぐらいで、この3つは非常によく使います。
開放弦を弾いていますが、これはそれぞれのキーのベース音ですので、開放弦の音を伸ばしたまま続きのメロディを弾くことができます。



次はメインとなる音と同じフレットの1つ細い弦を弾く方法です。

【E】
c0203506_221669.gif


【A】
c0203506_22164963.gif



これらはいわゆるパワーコードというやつで、どこのフレットでもこの形で弾くことができます。
また、オクターブ重音と同じでマイナー・メジャーの区別がないので、例えば【A】であればマイナーでもメジャーでも弾くことができます。
【E】はEマイナーの曲で使いやすいフォームです。
【A】はメインとなる音がかなり低くメロディに絡ませて使う事はほとんどありません。アクセントとして曲の一番最後などに使えます。




メジャー、マイナーといったコードの知識が全く無い方にとっては少し難しく感じるかもしれませんが、その場合は画像のコードフォームを抑えて実際に弾いてみて、音の感じを体感で覚えて下さい。
そうすればなんとなくで曲に応用できるようになると思います。

そのうち動画もアップしてより詳しく説明しますー。
[PR]
by flukesta | 2013-11-03 22:24 | Irish Banjo